スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好転反応と病気について

いつも常に、お待たせしているリーディングのお仕事に追いかけられ苦しくてたまらなかった瑠花ですが、思い切って7層リーディングの新規受付を休止(手放し)してみたら・・・珍しく、クライアントさまからの返信待ちの「空き時間」ができました!

こんなチャンスです!!
1ヵ月以上前に、フラワーエッセンス講習中に受講生さまからご質問いただいた件に関する、高次からの答えを受けとってみることにしました。

どなたが答えてくださるのかしら?・・・問い合わせるためにオラクルカードを引いてみたら・・・

新月シリーズの天体の動きや、数秘に関して、物事の原理的なことをいつも教えてくださる、アセンデッドマスター:メルキゼデクのカードが選ばれました。

■使用したカードのセット■
アセンデッドマスターオラクルカード

■選ばれたカード■
「Spiritual Law of Attraction(霊的な引力の法則)/ Melchizedek(メルキゼデク)」

受けとったメッセージをシェアさせていただきますね:

あなたは受講生の質問に答えるマスターを求めて
このカードのセットを手にした
そして私が来たことで意外に思う反面 ホッとしたことだろう

私は あなたに 新月シリーズを通して
天体の動きの原理を説明してきた
いま あなたが問い掛けたテーマも 同様に原理であることを伝えたくて
ヒーリング系のマスターではなく
敢えて私がメッセージを届けに来たのだ

好転反応とは すでに あなたも理解しているように・・・

あらゆる病気は 人生を好転させるために存在するもので
毒素が「病気」という形で現われることにより
人は そこに矛盾があることに気づく

魂にとって最も有害である「ギャップ」が
そこに存在することを知らせるために 人は病気を得る
そういう意味では あらゆる病気は好転反応なのだ

それでは バッチ博士のような人が病気になったのは
なぜなのか?

それも やはり好転反応なのだ
彼ほどの人だからこそ お役目も大きい
彼の場合は 病気を得たことを通して
それに対応するフラワーエッセンスを発見した
言い換えれば 彼にとっては
まだフラワーエッセンスを発見していない状態が
魂にとっての「ギャップ」であって
それを埋めるために病気を得たのだ

いやはや 大変なお役目だ
彼は「マスター」と呼ぶに匹敵するほどの魂の持ち主で
いまはまだマスターとしてはさほど有名ではないが
我々と共に働いているのだ

さて あなたの受講生が問い掛けているのは 狭義の好転反応のことだね?

狭義の好転反応とは すなはち
レイキやフラワーエッセンスなどのエネルギー系の癒しや
もしくはリーディングやその他の日常的な出来事を通して
気づきがもたらされた結果
そこに「ギャップ」が存在していたことを知らせるために
肉体に症状として現われる違和感のことだ

本来なら その「ギャップ」の意味に気づき 根本原因から解放すれば
西洋医学の助けを求める前に 症状は一瞬のうちに軽減され
忘れた頃には消えているだろう

瑠花 あなたは かつて何度か
レイキのアチューンメント後に 肉体的な痛みを訴えた受講生に
すぐ次のアチューンメントをしたり ヒーリングしたり
その症状についてシェアしたりするうちに
受講生の症状が消えてしまったという経験をしているね?

その程度のものなら 西洋医学の治療を受けるまでもないし
そもそもエネルギーワークにより発生する好転反応は
その程度のものであって欲しいものだ

そして まるで好転反応の一部のように言われているが
そのセッションや講座の後 受講生が帰宅してから
やたらと眠かったり 喉が渇いたりするのは
高次と現実とのタイムラグのせいであって
すでにオーラ上層部では解放しているはずの「ギャップ」の
残存症状が まだ肉体に残っているだけなのだ

さて 問題は・・・

発熱したり
好転反応を引き寄せた本人が肉体的に辛い状態にある時に
西洋医学の力をかりて対処療法を受けることが
スピリチュアル的に正しいか否か・・・ということだね?

結論を言おう!

これは すでに瑠花は この仕事を始めた最初の年に
他のマスターから教えられていたことだが
「痛みのあるところに癒しは起きない
痛みを感じたら それを早急に取り除くための手当を受けなさい」

バッチ博士ほどの強靭な魂の持ち主なら
痛みと真っ向から対峙するよう導かれることだろう
だが あなたたち一般の人間は
まず肉体と それを取り巻く現実を 快適なものとし
オーラ上層からだけでなく 逆に現実レベルを変えることにより
オーラ上層を癒すことが必要なのだ

癒しとは 必ず オーラ上層から一方通行で起きるものではない
時に現実を変えることにより オーラ下層から順に変化を起こし
最終的に全体を癒す方法だってある

一部のスピリチュアル狂信者は 西洋医学を
まるで真の癒しの敵のように批判するかもしれないが
とんでもない!!
西洋医学だって 我々が必要性を認めているから
今日のレベルまで発展したのではないか!!

さて あなたの受講生の質問は
どこまでが好転反応で どこからが病気なのか
それを見分ける方法はあるか・・・ということだったね?

結論を言おう!
見分ける方法など ない!!

なぜなら すべての病気は好転反応だからだ

だが どんな時に西洋医学のサポートを受けたらいいかという質問なら
我々は こう答えよう

それは あなた もしくは 
あなたを大切に思い心配している身近な人間の直感こそが
最も信頼できる「見分け方」であると

あなた自身以上に むしろ あなたを大切に思う人の直感だね
それを 最も信頼するといい
人間はどうしても 自分のこととなると無理をしたがる
自分では 自分が置かれている状況の深刻さに
気づくことができない

そのことに気づけるのは
いつも あなたの隣にいて あなたを見守っている
あなたを愛する人間なのだ

そして我々は あなたが西洋医学の助けを必要とし
まず現実レベルから癒さなければならない状態に陥った時は
あなたの大切なその人が あなたの状態に気づけるよう導くだろう

我々はエネルギー体だ
現実レベルで物質を動かすことができない
そんな時は 肉体を持った信頼に足る人間を動かすことで
あなたを助けることもあるのだ

あなたは 自分と その人の直感を
全面的に信頼するといいだろう
そうすれば あなたは危機を切り抜け
安定した着地点に とりあえず移動した上で
再び 好転反応=病気が伝えようとしているメッセージと
落ち着いて向き合うことができるだろう

瑠花 私はこのように
物事の道理や真理を説明する役割をもって
常に あなたをサポートしている
テーマは異なれど いつもの新月のメッセージと
深いレベルでは大差なかっただろう?

(2013年7月30日 19:16~19:45)


これまで漠然と感じていた「好転反応」について、すべてを統括するかのような答えを、メッセージとして受けとることができました。
このメッセージを受けとるキッカケを作ってくださった受講生さまの質問に、心から感謝を込めて!




瑠花のフラワーエッセンス講座では
バッチ博士の精神までもお伝えするべくカリキュラムを組み立てています!

→ 「バッチ・フラワーエッセンス講座



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセス


オンラインカウンター:
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。