スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラとは?潜在意識とは?

数日前クライアントさまからお問い合わせのメールをいただいたのですが、なぜか肝心なキーワードを読み間違えていたのです。
正しく読んでいれば非常にシンプルなお問い合わせで、その場で数分で返信できたものを・・・

昨日、読み違えた(つまり瑠花のマインドが創作していた)ご質問に対する答えを高次から受けとろうとして、再度クライアントさまからのメールを読み返しカンチガイに気づいたのですが・・・おそらく読み違えたことにも「理由」があるはずなので・・・メッセージを受けとってみることにしました:

瑠花は クライアントからの質問メールを読み間違え
その質問への答えをメッセージにして欲しいと 我々に問いかけた
読み返してみれば 非常にカンタンで
瑠花には数分で答えられる内容だったのだ
それを読み違えた理由・・・それは
我々が このメッセージを伝えたかったからに他ならない

瑠花が読み間違えたのは:

>遠隔リーディングによって、私の顕在意識以外のものから
>今の状況についての説明などを受ける事はできますか?

それを 私の潜在意識以外のものから と読み違えたのだから・・・

潜在意識以外のものって?

瑠花は「オーラ」とか「ハイヤーセルフ」という言葉に
抵抗を感じると思われる相手には
「潜在意識」という言葉を選んで説明している
そうすることで その人の内に全ての答えが在ることを
一言で伝え切ることができるから・・・

そうなのだ
我々は まず最初に このことを
瑠花のブログ読者に再確認しておきたかったのだ

人間だけでなく 地上に生きる あなたたち動植鉱物は すべて
物質化された波動の重い肉体もしくは固体部分と
物質化されていない波動の高いエネルギー体からできている
そして そのエネルギー体が オーラの正体だ

それでは 潜在意識とは何なのか?

意識とは 目に見えないエネルギー
すなはちオーラの一部である

顕在意識は比較的波動が低く
肉体という「物質化したもの」と非常に近いところに存在するが
それでもエネルギー体であることに代わりはない
感情然り

そして潜在意識とは 顕在意識より深い層に存在すると
ユングやフロイトなど歴史上の心理学者にも言われているが
それはスピリチュアルな言い方をすれば
オーラ高層のことであり 波動の高いエネルギーゾーンである

それでは「ハイヤーセルフ」とは?

我々は瑠花に:

ハイヤーセルフとは潜在意識の最も深いところで
転世する魂と 今回限りの乗り物である「あなた」の
橋渡しをするゾーン・・・と

これまで教えてきたし
瑠花もセッション中に必要に応じて そう説明している

さて 先程の質問に戻ろう
「顕在意識以外のものから説明」とは すなはち
顕在意識より深い層である潜在意識からの説明であって
多くの場合 情報をコントロールしている
「ハイヤーセルフ」からの説明ということになる

だが瑠花は「潜在意識以外のものからの説明」と読み違えた
その理由は いま・ここで
「チャネリング」として高次の存在と契約を交わして
メッセージを下ろすことの意味を
改めて説明しておきたかったからなのだ

このブログのタイトルは「瑠花チャネル」
瑠花がチャネリングにより受けとった情報を掲載するスペース
そもそも「数秘ブログ」ではない
たまたま瑠花が チャネリングにより指導された方法に従って
数秘リーディングを行うことを選んだだけのことだ

そして チャネリングも
実はオーラの情報を読み解いているに他ならないのだ

オーラリーディングとは すなはち
オーラに存在するエネルギーを読むこと

それを すべて自力で行っているように見える時
リーダーは自身のハイヤーセルフに直接
エネルギーをリーディングさせていることになる
そこに存在する情報を「見る」ことが得意な人々は
ストレートにオーラリーディングすることが可能なことだろう

だが瑠花は「見る」ことよりも
どこからともなく心に届く言葉を書き取ることを得意とする
言い換えれば そこに存在するエネルギーを言葉に翻訳している
瑠花は その翻訳器となり
高次の存在 すなはち我々という「フィルター」を通して方向づけられ
意味を持った情報となったエネルギーを
今度は瑠花自身の潜在意識 言い換えればハイヤーセルフと呼ばれるゾーンで
研ぎ澄ますことにより 読者にとってわかりやすい表現で書き取る

つまりストレートにリーディングする人たちと比べ
瑠花は「我々」というフィルターを ワンステップ余分に使っているわけなのだ

そして瑠花は 特定の高次の存在とチャネリング契約を交わしていない
なぜなら メッセージを受けとる相手にとって
最もわかりやすい表現となる言葉に表現しようとする場合
特定の存在と契約しないほうが仕事しやすいことを
瑠花は知っているからだ

瑠花は 特定の存在とチャネリング契約していないことに
コンプレックスを感じ
今も自身を「チャネラー」と呼ぶことに戸惑いを感じているが
俗に世が「チャネラー」と呼ぶ人たちと
行っていることは大差ないのだ

最大の「ちがい」は?
それは メッセージを受け取る目的だ

瑠花のように 不特定多数の高次の存在からメッセージを受けとる場合は
たいがいの場合は 始めにメッセージを求めるクライアントが存在する
クライアントのためにエネルギーの翻訳器となることにより
瑠花たちは奉仕する

一方 特定の存在と契約しているチャネラーは?
彼らは チャネリング契約している相手の存在の道具となって
メッセージを降ろすことにより奉仕している場合が多い

だが いずれの場合も
エネルギーが経由する過程での目的が異なるだけで
より高い視点・広い視野で見た場合
どちらも 宇宙が伝えたいメッセージを
そのメッセージを必要とする人々に届ける翻訳器となることで
宇宙に奉仕していることに変わりはないのだ

どんなヒーリングでも リーディングでも チャネリングでも
目的は クライアントが求めているエネルギーを
高次から受けとりやすくするパイプとなって奉仕することであって
多くの場合 クライアントは そのエネルギーを求めていることに
顕在意識では気づいていないので
瑠花たちは クライアントの潜在意識(オーラ)を読み
求められているエネルギーが何であるかを把握し
高次から そのエネルギーをクライアントが受けとれるよう
橋渡しすることなのだ

そういう意味では
あらゆるエネルギーワークは
クライアントの「潜在意識」を読み取って行われることであって
瑠花が最初に読み間違えた
「私の潜在意識以外のものから受けとる」ことは
あり得ないということを
いま このメッセージで伝えたくて
我々は 瑠花に バカげた読み間違いをさせたのだよ(笑)

(2013年10月17日 12:51~13:23am)



いま、メッセージを受けとった翌日に、ブログにアップするためにメッセージを読み返しています。

私自身、感覚的にはわかっているつもりなのですが言葉にするのが難しいテーマで、メッセージのカタチで高次から答えを受けとったはずなのに、上手に翻訳しきれていない気がするのです。

高次からは「読者による誤解のないよう加筆していい!」と言われているのですが、編集を加えようと、ますます混乱してきたので・・・誤解が生じるのも覚悟の上で、なるべく最初に書き起したままに近い状態でアップすることにしました。

このメッセージは決して、世に存在する「高次の存在と直通でメッセージを降ろす」狭義でのチャネラーさんのことを否定するものではなく、瑠花のように、高次の存在を「フィルター」としてエネルギーを受け取り、それを潜在意識で言葉に変換している人にも、両者の共通点とチガイをわかりやすく説明するためのものだったのではないか?という気がします。

少なくとも私自身は、このメッセージを受けとって腑に落ちました。
でも、私の「翻訳力不足」により、読者の方々に伝え切れていない気がするのが残念です。

いずれ別の機会に、別の切り口から、同じテーマを説明するメッセージを届けていただけるようです!





新規受付休止中の「オーラ7層リーディング」は、間もなく
数秘を本格的に取り入れパワーアップした「トータルリーディング」として
受付再開します!
→ 「オーラリーディング(瑠花のセッション・ルーム)




スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセス


オンラインカウンター:
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。