スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数の誕生日を持つということ

ご縁があって、複数の誕生日を持つ方との数秘セッションをするチャンスをいただきました。
高次から常々断片的なヒントをいただいていたテーマについて、この機会に系統立てたメッセージのカタチでリーディングの指針をいただきたいと意図して受けとったのが、今日シェアさせていただくメッセージです。

数秘では、実際の誕生日(出生日)で誕生数や頂点数/試練数を計算するのが大前提であり常識です。

それでも運命数(姓名数)の場合なら、出生時の名前でリーディングをすることに決まっていても、セカンダリーネーム(ペンネーム等)や結婚後の姓の影響も少なからず受けるのと同様、誕生数の場合にも「もうひとつの誕生日」という「数字のエネルギー」が人生に何らかの影響をもたらしているのではないか?・・・というのが、瑠花の仮説です。

複数の誕生日・・・2つのケースがあります。

ひとつ目は、戸籍に記載されている誕生日と、実際の誕生日とが異なる場合。
いまでこそ病院で出産する方が増え、正確な出生日時が記録されるようになったのですが、病院以外で出産した場合には、両親の意図や都合などで実際の誕生日ではない日付で役所に届け出るケースもあると聞きます。たとえば過去にありがちだったのは、3月末〜4月1日生まれのお子さまが就学時に苦労しないように4月2日生まれとして届け出るような場合です。

ふたつ目は、旧暦を使っている国の方の場合ですが、以前、該当する国の男性と結婚なさった方とセッションさせていただいた時に断片的なヒントはいただいたのですが、今回は高次から系統だてたメッセージは届きませんでした。おそらく別の機会にメッセージをいただけるようです。

前置きが長くなりましたが、それではお届けします:

瑠花よ 複数の誕生日を持つ方のリーディングは
あなたの役目のひとつでもある
マスターナンバー【33】だけではない
あなたの役目は 巷にまだ情報量が少ない
マイナーなケースのリーディングを
我々からの指示をキャッチしてリーディングすることであり
複数の誕生日を持つ方とのセッションも
あなたの役目のひとつなのだ

さて あなたは かねてより
複数の誕生日を持つ方のリーディングについて
メッセージで系統立てて説明して欲しいと願っていたね?
これから答えよう!
ちなみに あなたに送り込んだクライアントは
我々からの指針を あなたが検証していくステップを
おおいに助けてくれるだろう
誠意をもってセッションさせていただきなさい

さて 先日このメッセージを届けようとした時
あなたは受け取って言語化する作業に失敗した
ブログにメッセージを掲載した時わかりにくくなるからだ
なので今回は あなたのもとを訪れる
複数の誕生日を持つ方々を 仮にAさんと総称しよう

Aさんは 実際の誕生日と 戸籍上の誕生日が 異なる
その場合は 実際の誕生日で誕生数を算出し
頂点数/試練数についても 同様にすればいい
基本は 数秘リーディングの原則どおりだ

だが あなたは Aさんは何らかのカタチで
戸籍上の誕生日の影響も受けているはずと感じたね?

その理由は あなた自身が KAWAI RUKA という
あなたの「2つ目の名前の誕生日」から導き出された
2つ目の誕生数の影響をも受けとっているからこそ
感じとることができたのだが

さて 今回ご縁をいただいたAさんとは
すでにセッションが進行中であり
Aさんは時に 周囲からの視線や期待に
自分の本質=実際の誕生数との違和感を感じることがあると
あなたの問いかけに答えている

それは こういうことだ:
Aさん自身と両親は 実際の誕生数を知っている
そのため Aさんの誕生数のエネルギーは
実際に生まれた日のエネルギーとなる

ところが学校や職場など
戸籍上の誕生日を知られている相手や環境においては
周囲の人々はAさんから
戸籍上の誕生数のエネルギーを受けとろうとする

そのためAさんは 周囲から
戸籍上の誕生数のエネルギーを期待され
自分自身の本質とのちがいに違和感を感じるのだ

それが セカンダリーネームや結婚後の姓から導き出される
2つ目の運命数の影響と異なるところだ

名前の場合は 自分自身が選んだものだ
そのエネルギーが欲しくて選び名乗っている運命数だ
だから影響を受けても とまどうことなく受け止められる

いや 両親の離婚などにより 姓が変わった場合は また別の話
だが それを語るのは 別の機会にしよう

一方 実際の誕生日と戸籍上の誕生日が異なる場合
戸籍上の誕生日を得たことは
本人の顕在意識が全く知らないところで起きたことである
そのため なぜ自分の本質と周囲からの期待にギャップが生じるのか
本人は理解できずに苦しむのである

さて Aさんは次第に成長し
ある日 親友に
自分の誕生日は あなた(親友)が知っているのと異なる
実際は別の日なのだと打ち明けたとしよう
思春期にもなれば そういったことは起きるだろう
特に女の子は 星占いが大好きだ
実際の誕生日と戸籍上の誕生日でサインが異なってくる場合は
ますますAさんは 自分の本当の誕生日を
誰かに打ち明けたくなるだろう
Aさんは戸籍上の誕生日では真の自分を生きていないことを
本能で知っているのだ

両親にお願いしたい
何らかの事情で2つの誕生日を持った場合や
生後まもなく姓名が変わった場合は
物心ついたら 出生時の正確な情報について
ぜひとも本人に教えてあげて欲しい
それを知っているのと知らないのとでは
Aさんのアイデンティティがちがってくる
知っているだけで 誰にも言わなくても
自分が自分であることを
本能レベルで感じることができるのだ

ちなみに瑠花の場合 親友から
クラス名簿に書かれている誕生数と実際の誕生日が異なることを
打ち明けられたのは 中学1年の時だった

さて Aさんは その後 社会の中では
戸籍上の誕生日と共に生きていくことだろう
自分の本質とは異なるエネルギーを周囲から期待され
時に苦しみながら・・・

だが セカンダリーネーム同様に
Aさんは 戸籍上の誕生日のエネルギーを
プラスに生かすこともできる!

たとえば戸籍上の誕生日にマスターナンバーを持つ場合
本人は 周囲からの期待の大きさに苦しむかもしれないが
思い切って社会的には 戸籍上の誕生数を生きることを選択することで
大きな成功をつかむチャンスを得られるかもしれないのだ!

だが それでも 自分の本質を誰からも理解されないのは辛い

たとえば恋に落ちた時
相手はAさんの戸籍上の誕生数から受けとったエネルギーに
最初は惹かれていたのかもしれない
そのような場合は ムリして戸籍上の誕生数を演じ続けずに
たとえその恋を失っても まだ傷が浅いうちに
相手に自分の本当の誕生日を打ち明けておくといいだろう
互いに数秘や占星術を知らなくても
誕生日が持つエネルギーは相手に伝わるのだ

数秘は 数字が持つエネルギーをリーディングする

もちろん潜在意識レベルでは
Aさんの本質である 実際の誕生日のエネルギーは
すでに相手に伝わっている
だが Aさんが相手の顕在意識に
自分の誕生日をインプットすることで そこに意図が生まれ
Aさんの誕生数のエネルギーは明確な意図を持って
相手との関係性の中で発揮されるようになるのだ

だが 実のところを言えば
すべてはAさんの人生の設計図に書き込まれていることなのだ
Aさんは 自らの学びのために
複数の誕生日を持つことを選択して生まれてきた
そしてAさんが出会う恋人も
たとえキッカケはAさんの表面的な質とも言える
戸籍上の誕生数のエネルギーに惹かれたのだとしても
深いレベルでは Aさんの本当の誕生日のエネルギーを
愛する準備ができているのだ

そもそも 数秘を知っている人間は まだまだ少数派であって
誰も 相手の数秘に恋しているわけではない
出会って 深く魂が触れ合い 一緒に時を分かち合うようになってから
ある日たまたま数秘と出会い 計算してみたら結果
互いに惹き合う数秘を持っていたことがわかっただけのことなのだ

すべては宇宙の計画
あなたが宇宙と約束してきた今生のプラン

そして複数の名前や誕生日を持つことは
自分で選んできたことであって
そのことが あなたの今生の学びを
より複雑で 学びがいのある 面白いものにしているだけなのだ

だからこそ瑠花 リーディングをする時は
せっかく付加されたエネルギーを
数秘リーディングの原則のみに従って切り捨てることなく
「本来のエネルギーに影響を添えるもの」として
丁寧にリーディングしなさい

それは人生の隠し味になるかもしれない
最後のスパイスひとふりで 料理の味が生き生きしてくるように
それはジャズのアドリブなのかもしれない
譜面には存在しないアドリブこそが ジャズの神髄であるように


(2014年5月6日 9:42am ~ 10:21am)







スポンサーサイト

テーマ : 数秘術
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセス


オンラインカウンター:
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。