FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターナンバーを持つあなたへ!

私自身も誕生数にマスターナンバーを持っているのですが・・・

かねてから感じていたこと、つまりエネルギーとして高次から受け取っていたことなのですが、それをなんとかメッセージのカタチにまとめて届けて欲しいと願っていたら・・・

一昨日、対面セッションのための予備リーディングをしていた時に、次のようなメッセージが届きました:


OK キミはマスターナンバーを持っていることが
決して優れていることを意味するわけではないってことを
マスターナンバーを持たない人たちに伝えたいんだね

そうだね キミはカラーセラピーを教えているから
まずは色を例に出して話そうね

ここに赤と紫がある
紫のほうが波動が高い色と言われている
だが紫のほうが赤より色として優れているなんて考える人が
いったいどこにいるだろうか?

赤には赤の個性がある
赤は三原色のひとつ ストレートな強さを持つ熱い色
個人差により好き嫌いはあるかもしれないが
我々高次の存在たちも、そのピュアな情熱には憧れる

一方、紫は神秘の色 そして不安定な色
正しく赤と青の中間をとることができれば
それは二次色と呼ばれるが
実は紫には「これが紫」と呼べる唯一の色合いがない
だから不安定と言われる だから神秘的と言われる

紫は赤よりも周波数が高い つまり波動が高い
だが誰が、紫は赤より優れていると言うだろう?

紫を赤より好きだと言うのは個人の趣味だから構わない
だが色には優劣はないのだ
そして様々な周波数の色が地上に存在するからこそ
地上は美しく彩られている

先日のメッセージに
マスターナンバーは2ケタの数字だから
波動がオクターブ高いという説明があったね?

音楽の話に戻ろう
女声は男声よりオクターブほど高い
だが、それは決して、
女声が男声より優れていることを意味するものではない

ピアノには88の鍵盤がある
いちばん低い「ド」と、いちばん高い「ド」との間には
7オクターブある
だが、どちらの「ド」が優れているなんて誰も考えたこともない

波動の低い「低音」と、波動の高い「高音」が存在するから
そこに音階が生まれ、メロディが奏でられる

音を重ねれば「和音」となる
2ケタの数字=マスターナンバーやカルマナンバーは
いわば「和音」なんだね

和音は単音より複雑かもしれない
だが、和音が単音より優れているなんて考える音楽家はいない
単音の連なりが奏でるメロディラインの美しさは
和音が醸し出すふくよかな余韻に勝るとも劣らない魅力を持っている

すべては波動の話だ

そして、数字も波動である
言い換えれば、数字も、色や音楽と同じなんだ

そう考えたら、数秘に関してのみ
マスターナンバーに憧れるのはナンセンスだということに
そろそろ気付いてもいいんじゃないのかい?

マスターナンバーもカルマナンバーも和音なんだ
そこには単音にはない複雑な絡みがある

なぜ人間は難しいことを好むんだろうね?
学校教育が、成績のいい生徒に
どんどん難しい練習問題を与えた弊害かな?

本当はシンプルが、いちばん素晴らしいんだ
わかりやすいのが、いちばん美しいんだ

だが、その「シンプルな美しさ」を際立たせるために
そこに複雑なものが存在しなくてはならない

純色の透明感を際立たせるのが濁色であるように
純色のパワフルさを強調するのが
たくさんの光が入り波動が高まった淡色であるように

ストレートな数字の学びを際立たせるために
マスターナンバーやカルマナンバーがある

そしてマスターナンバーやカルマナンバーを持っている人たちは
今回の人生では
ストレートな数秘を持った人たちの学びの美しさを
際立たせる役割を請け負って地上に下りてきただけなんだ

まぁ、セラピストやヒーラー、
あるいはメッセンジャーと呼ばれるアーティストや
注目を集める芸能人たちは
「普通」に生きることのシンプルな美しさを際立たせる脇役なんだね

たまたま瑠花のブログに集まる人たちは
そういった、縁の下の力持ち的な役回りの人が多いから・・・

言い換えれば、そういった役回りだからこそ
悩みを解決するヒントを求めて、
こうして瑠花のブログに集まってきたわけだから・・・

そのせいで瑠花の周りには、マスターナンバーをはじめとする
一見、派手に見える数秘を持った人たちが集まってきているのだが
そういったナンバーを持つ人たちに言いたい!

あなたたちは偉いんじゃない!
だが、縁の下のサポーターの役回りを引き受ける人生を
今生選んでくれたことに対して
我々高次の存在たちは心から感謝を捧げよう

そのようにして、やっかいな役回りを引き受けてくれた人たちを
我々が少しばかりに余計にサポートしたとしても・・・

シンプルでパワフルな美しい数秘を持って生まれた人たちよ
どうか羨ましがらないでくれたまえ
それが我々からのお願いなのだ

(2012年5月29日 18:58~19:22)



メッセージの発信人は、マーリン(アーサー王の神話に登場する魔術師マーリン)です。

私は、リーディングのための法則などについてはメルキゼデクから、
リーディングに臨む姿勢などポリシー的な部分についてはマーリンから、
サポートしていただいているようです。

ちなみにマーリンが「キミ」と呼びかける時は瑠花のことを、
「あなた」と呼びかける時はブログ読者の皆さまに話しかけているようです。




瑠花の数秘セッションについては、まだHPには掲載できていません。
メインブログのコチラの記事でご案内しています。

→ 「告知:数秘の対面セッションを正規メニューとしてスタートします!
     ↓
   (改訂しました!)
     ↓
→ 「ご案内:数秘・対面セッション 内容改訂のお知らせ





テーマ : 数秘術
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセス


オンラインカウンター:
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。